2018/06/06 13:42

今日のモデルさんは、オーガニックじゃがいも_トウヤ君。

毎年栽培する、品種の種芋を腐らせてしまい、

入手も出来なかったので、今年はトウヤ君をはじめて栽培しました。

他の種類もあるんですよ。いずれ紹介しますね。


トウヤ君の特徴は、煮崩れしにくいので、煮物や炒め物などに向いています。

フライドポテトなどの揚げ物には、ホクホク感が少ないのでお勧めではありません。


さて、3日前の試し掘りです。

思ったより小さかったですね。

もうちょっと一週待ちましょう。


芋掘りはじゃがいも収穫の代名詞。

しかし安心野菜では、芋掘りではなく芋拾いになります。

理由は、手掘りは疲れるからです。

年間150種類以上も栽培するので個別の機械なんて買えませんからね。


地面2~5cmのところに芋があります。

土はとても柔らかいので、表面に軽く指をたてながら探すと芋の場所がわかります。

そして、拾います。


じゃがいもは根ではなく、茎の一部なんですよ。

栄養は芋が直接吸うのではなく、根と葉で出来ます。

だから、芋が深い位置にある必要はないんですね。

サツマイモは根。長いもは根と茎。豆知識でした。


安心野菜の農業は大半が手作業。

忙しくなる時期に少しでも楽に作業が出来るように色々工夫をしています。


では、また。