2018/07/05 08:08

ミニパプリカです。


ピーマン栽培は苦手なんですよ。

ここは夏は40度近くまで気温が上がる盆地。

ピーマンをたくさん作るには向かない土地なんです。でも、ピーマンの数倍の価格のパプリカなら、ミニパプリカなら、量が出来なくても大丈夫。

という訳で栽培中です。


<ミニパプリカ!カラーピーマンじゃないの?>

カラーピーマンとパプリカは色・大きさなどの見た目で区別は出来ません。

品種の違いなんですが、大きな違いは保有する栄養の量。

栄養素は基本的には同じで、ビタミンCやカロテンを多く含みます。

しかしこの保有量に歴然の差があるんです。パプリカの方が多いわけで、祖先の品種から違うというわけです。


「安心野菜」は健康な物を安全に作る事が方針ですからね。

カラーピーマンとパプリカのどっちを作る?って聞かれたら、パプリカになってしまった訳です。

どっちが簡単?と聞かれたら、どっちも難しい。販売リスクが高いのはパプリカかな?って答えけどね。



上の写真は、オレンジのミニパプリカ。

細長く、小さいピーマン程度の大きさで、

種が少ない品種です。


こちらは、普通のベル型パプリカのミニバージョンです。


ピクルス、バーニャカウダなどには欠かせないので、栽培しています。

まだ試験中なので少量生産です。


では、また。